女性に多いがん|遺伝子治療で癌をやっつけろ|望みはまだある

遺伝子治療で癌をやっつけろ|望みはまだある

病棟
  1. ホーム
  2. 女性に多いがん

女性に多いがん

男性

治療後に注意が必要

がんは、人体の細部分裂に異常が発生することで罹患する病気です。つまり、がんになる可能性に、性別は関係ありません。ただし、発症する部位には、男女で明確な違いがあります。乳がんは女性特有の肉体構造に由来して、男性と比較すると女性の発症率が高いがんです。特に、年齢を重ねると、発症しやすいことが知られています。そのため、乳がん検診を接居的に受けて、早期の発見に努めることが大切です。医療技術が進展した現在、初期段階で発見された乳がんの治療率は格段に上昇しています。しかし、再発する可能性を苦慮する必要がある上に、治療後は万全な体調ではありません。したがって、治療後も経過観察を受けながら、体調の回復に努めることが大切です。

保存できる治療が人気

乳がん治療で最も有効的な方法は、外科手術です。ただし、従来の治療方法ではがん細胞のない部位も再発する可能性を減らすために、切除することが一般的でした。その結果、がん治療は行えても、乳房を失う恐れが極めて高いことが知られていました。つまり、女性にとって、肉体面よりも精神的なダメージを受けることが珍しくありませんでした。一方で、近年は世界中で、施術法や医療器具の改良が急速に進められています。そのため、最近の乳がんへの対処では、乳房を保存して治療を行える治療法が人気を集めています。更に、外科的な切除をしない治療方法として、放射線治療や医薬品による化学療法、免疫細胞療法の有効性が確立すると共に注目を集めています。