最先端のがんを治す装置|遺伝子治療で癌をやっつけろ|望みはまだある

遺伝子治療で癌をやっつけろ|望みはまだある

病棟
  1. ホーム
  2. 最先端のがんを治す装置

最先端のがんを治す装置

カウンセリング

高線量の放射線を照射

サイバーナイフは、コンピュータ制御されたロボットの腕に高線量の放射線を照射できる機能をつけた、放射線治療装置です。現在のがん治療は放射線治療をはじめとして、抗がん剤治療や外科手術などが中心となっています。それぞれの分野で、最先端の医療の開発が進んでいます。サイバーナイフは、放射線治療の中の最新の技術です。従来の外科手術では患部を切開し、がんの腫瘍を取り除く必要がありましたが、サイバーナイフならもっと手軽に治療を行うことが可能になります。ただ、サイバーナイフを扱っている病院は限られています。今の段階では、どこの病院でも設置できるという装置ではないため、今後取り扱う病院が増えることが期待されます。

放射線治療のメリット

外科手術の場合は、身体に傷あとが残ったり、切開後に痛みを伴います。がん細胞を取り除いた後に、傷あとの回復に時間がかかります。放射線治療を行うメリットですが、身体にメスを入れる必要がなく、外科手術に比べると痛みもなく、患者さんの体力の消耗を最小限に抑えることができます。ただし、放射線治療のデメリットと呼べるものは、吐き気や脱毛などの副作用が起こることです。この副作用を最小限に抑えることが、放射線治療の大きな課題と言えるでしょう。サイバーナイフを用いることで、従来の放射線治療をもっと効率的に行うことができるようになります。高線量の放射線をピンポイントで照射することができるため、身体へのダメージを最小限にすることが可能です。